【安心の正規品】Chanel財布本物|Chanel サングラス オークション

【安心の正規品】Chanel財布本物|Chanel サングラス オークション Chanel財布本物,Chanel サングラス オークション,シャネル アリュール ラック 信頼されたメンタルヘルスクリニックは閉じするための準備として、 市役所のステップから評議会のメンバーは昨日、6公共診療所を閉鎖する計画を再考することを求めて、彼らは信頼の医療従事者の数十を解雇し、医師それら不信から民間診療所で治療を受けるようにクライアントを送信します。 保健省は推定1400万ドル年間を保存、2010年3月までにそのコミュニティサービス庁(CSA)診療所を閉じ、約30の民間診療所との契約を締結するための措置を取り始めた。 約4,000のクライアントが影響を受けます。 主催者はデモが変更を反対するクライアントに可視性と声を与えるためにチャンスであると言いました。 約75人が参加し、主催者は言った。 推定値は確認できなかった。 CSAで 私はプロバイダのすべてを信頼する、シルビアAdegoke、55は言った。 彼女は数年前に ひどい崩壊と呼ばれるのか苦しんだ後、Adegokeは彼女が彼女の寝​​室を離れることを恐れていたときにCSAの精神科医が暗いの彼女をもたらしたと述べた。 公共の診療所でAdegokeの信仰は、彼女がプライベートクリニックのスタッフ·メンバーにクライアントを導入する保健所が保有meetandgreetイベントに参加することを拒否するように強いです。 精神保健当局は懸念は根拠がないと言う。 このような緑のドアなどの地区の民間診療所は、、、40年以上のためにはるかにCSAよりも長く、2001年に裁判所の命令の下で作成された精神保健省、回避されている、と彼らは言う。 また、市内のメンタルヘルスクライアントの64%は、すでに精神衛生部門との契約の下での民間診療所で治療を求める。 国や都市が混在する結果と民間のメンタルヘルスケアになっている。 ノースカロライナ州では、プロセスは悲惨だった。 かつて国家施設で治療されたクライアントは、緊急治療室で騒ぎを引き起こして巻き上げ。 保安官は、手に負えないメンタルヘルスクライアントを逮捕する呼び出しによって圧倒さを訴えた。 しかし、南フロリダで、民間企業が大幅今民営化する動きを批判した非営利のメンタルヘルスの利益団体がそれを賞賛することがあまりにも多いので、慎重に治療や最先端の​​施設の状態に公共のシステムに改善しました。 一般の市民、ヴァネッサディクソン、行進を組織し、組合団体の連合の代表は語った。 ディクソンと他の人が、安全でないと動揺distrustingクライアントが精神予定をスキップし、その薬なしで行っていると述べた。 昨日のデモに参加しました両方の人アルフレッド·ウィルソンジュニアとLeavonリーブスは、持っている。 私は行くことを拒否する。 ウィルソン、47は、多くのクライアントが彼が道をプライベートクリニックを見ると述べた。 9年前、彼はパリに出張中に窓の外に登ってジャンプすると脅した。 民間クリニックで、医師は6年間薬で彼を治療することを主張。 最後に彼は彼が彼の双極性障害と診断されたと彼はpsychoterapyで処理したと述べたCSAの診療所になった。 民間病院と民営化についての事はこれです:それはただの仕事だが、それだけのお金だとウィルソンは言った。 それは出発点だ。彼らはそこにある日ですが、次を行って。 ウィルソン、リーブス、51と同様に、彼は刑務所のガードだったときに始まった心的外傷後ストレス障害の治療のために35 Kストリートの施設に行く。 あまりにも多くの民間機関が、私は彼らは私が言ったのか聞こえなかったように私は感じさせてくれたことを行った、リーブスは言った。 彼は木曜日に民間の診療所からの代表者と会う予定だった。 しかし、彼らはすでに私が民間施設に対処する必要はありません知っている。全く信頼がありません。彼らはちょうど彼らのポケットを並べるしようとしている。 ダリルの恐怖による記事は、DCの公共メンタルヘルスクリニックが最近のヴィンテージであるという誤った印象を読者に残すことがあります。 これはそうではありません。 聖Elizabeths病院のクリニックと区政府は、数十年で緑のドアと他のすべての契約プロバイダをさかのぼる。 私は1971年に聖Elizabethsで働くようになったし、最後の月にメンタルヘルスのDC部門の引退。 私が働いていたことの一つの精神科医は、1960年代半ば以来、DC政府の外来クリニックでサービスを提供し続けてきた。 彼女はDC全般におけるエリアのB地域精神保健センターで最初に採用され、2001年に35 KストリートNEで新しい場所に移動しました。 私は今週示された人々に同意する。 DC政府のメンタルヘルスクリニックの閉鎖は、DCの精神科外来診療を必要とする人のための後方の重要なステップになります。 人々は心配して混乱していた、それは息をすると、人がドアを介して取得するとケアを受け取るためにサインアップするチャンスを得るために、お互いを押していた部屋がやっとあった混雑と混沌としていた。 一つの会社、コミュニティの接続は、パンフレットが不足しています。 人々は自分たちの権利や民間プロバイダへの 自発的に動きを離れて署名することを余儀なくされていた。 診療所のスタッフが問い続け、まだ場所を選んだのですか? 一人の女性は、彼女がホールで待っていたとして、どのように多くのテーブルが部屋の内側にあった私に尋ねた。 私は、5または6を言った。 消費者の 選択公正に現れ出つは6たぶんのみから選択することができている可能性が26のグループ。 別の女性は、彼女がただの情報を集めていたし、彼女はそれを経由して思った前に公共サービスに彼女の権利を離れて署名する巨大な圧力もかかわらず、何もサインするつもりではなかったと述べた。 怪しげな合法性の動きで6月1日、日、精神保健省は、すべての患者に彼らが町の反対側にあるか、またはサービスを患者のニーズを提供しない場合にかかわらず、民間プロバイダの割り当てを計画。 それは適切ではない、これは民間部門へのスムーズな移行ではありません。 市は、民間部門がすべての新規の患者を扱うことができることを、民営化、市がお金を節約することをすることはOKだったと言ってコンサルティング会社を雇った。 しかし、プライベートprovders自身、コロンビア行動衛生協会の地区別論文で、彼らは、民間部門が迅速に新しい患者の何千もの世話をするために能力を構築するための重要なサポートを必要とすると言う。 彼らは現在の容量を持っていない、と彼らは増加償還率、大きな補助金、さらには民間の機関に公的クリニックを配っを求めてきました。 コンサルティング会社KPMGは、独立した監査で見られていないと主張しているが、民営化は、DCが主要な財政危機を持っているときだけでなく、公共のシステムを維持するよりも数百万ドルの費用がかかりますことを、長期的なコスト削減だけではなくです。 一方、民営化への病気構想と急いでトランジションの亀裂を通じて最も脆弱な秋。 『大注目』シャネル アリュール ラック,シャネル コスメ アイシャドウ,シャネル レキャトルオンブル 31 ローズアンヴォレ,Chanel サングラス オークション,Chanel財布本物,【安心の正規品】,シャネル チャンス 香調.